スキップしてメイン コンテンツに移動

全員能面かけているバンドFACT『a fact of life』

どういった経緯で見つけたか覚えてない。FACTの『a fact of life』。

全員能面かけているし、ボーカルは拡声器で歌っている。なんかミステリアスだったり、スタイリッシュなミュージックビデオ。

最近、『能面女子の花子さん』という漫画で能面をつけて生活する女子高生のストーリーを読んでいた。それで能面というものに非常に惹きつけられていたからか、そんな繋がりだったかもしれない。

FACTを知らなかったのでWikipediaで確認してみた。日本のバンドで1999年結成。2009年にエイベックスからメジャーデビュー。2015年に解散。この曲は2009年4月に発売したアルバム『FACT』の3曲目に入っている。

メジャーデビュー時は能面をかけて素顔を見せていないスタイルだったけど、2014年ごろからは素顔で活動していたようだ。

歌詞は全部英語なので日本語に訳したのを見てみると、ざっくり書くと下記のようだ。

“人生の中で出会った僕らの思い出。でも結局は君に壊されてしまい、忘れられない思い出が残る。壊された瞬間は強く残っている。巻き戻せない過去。そんな歴史は…”

こんな風な感じらしいが、最後の方の英語をどう捉えたらいいのか難しいけどカッコいい。

このブログの人気の投稿

Best Trance Music by Barthezz

これぞトランスミュージックという最大のヒット曲、あのvelfarreのCyber TRANCEイベントでよくかかっていたという曲がBarthezzの『Infected』『On The Move』(2001年)。聴いてて盛り上がる曲。 YouTubeの本人公式チャンネルにあったのでピックアップ。 Barthezz (Bart Claessen)  1980年1月22日生。オランダのトランスミュージシャン、DJ。 Barthezz - Infected Official Music Video Original Mix Barthezz - On The Move Official Music Video Original Mix

『めぞん一刻』の個人ファンサイト・ブログ・記事を巡る

高橋留美子さんの「めぞん一刻」が大好きです。 ラブコメディですがそれだけでは終わらない漫画。登場人物や流れる時間を通じて、学生から社会人へ、恋愛そして結婚、という人生の一大イベントを振り返ることができるのが良いです。 舞台が1980年代なので日本が元気だった時代(ただし景気的にはバブルの前で不況・不景気)でもあるし、携帯電話、インターネット、スマホも無い中でのすれ違いだったり、当時の生活風景を見ることができるのもまた良いんです。 自分の考察だけでは物足りないので、個人のファンサイトや考察記事を辿ってみました。今の検索エンジンで見つけづらいのでここにリンク集として載せておきます。 データベースや感想、考察、サイト訪問者との意見・質問のやり取りなど盛りだくさんで読み応えあります。 ファンサイト めぞん一刻小辞典 基礎資料篇では人物事典、豆辞典、タウン情報、年表、雑記。ご意見集、クイズ、FAQ、グッズ情報など。 めぞん一刻 Homepage データベース、人物・ポイント紹介・設定集、あのころ日本は、写真館、イラストギャラリーなど。 るーみっくのおもちゃ箱:めぞん一刻 考察が載っています。 飛鳥杏華のホームページ ぷち資料館の中にめぞん一刻の原作初出掲載時資料室、時計坂写真集など。 うる星やつら&めぞん一刻憩いの場 うる星やつらとめぞん一刻のサイト。人物、台詞、アニメ、劇場版の紹介・考察など。 一刻館 あらすじや人物の紹介。各話の詳細&考察。めぞん一刻の舞台とされている東久留米を巡った「聖地巡礼」コーナーあり。 ブログ・記事 私の人生ベストの漫画『めぞん一刻』を何度も読んでいるのに最近発見したことがありました - ディスディスブログ ディスディスブログさんのめぞん一刻の記事。 『めぞん一刻』にみる男女の求める理想の愛について|感想・レビュー | The Cat's Pajamas(ぱじゃねこ) The Cat’s Pajamasさんのめぞん一刻のレビュー記事。 高橋留美子『めぞん一刻』が、今読んでも面白い理由【あらすじ・考察】 - 不眠の子守唄 moriishiさんのめぞん一刻考察の記事。 草原に吹くこえ・感想レビュー : 「めぞん一刻」-男のロマンと女のロマンと- Rスキーさんのめぞん一刻考察の記事。 私的漫画世界の「めぞん一刻」ページ 亜細亜が好き!さんのめぞん

とんねるずのメッセージソング『情けねえ』『一番偉い人へ』

とんねるずの楽曲の中で特に好きなのは『情けねえ』と『一番偉い人へ』。 木曜21時から放送していた「とんねるずのみなさんのおかげです。」で流れててよく聴いてたし、8cmシングルCDも買った。番組の中のコント見て笑って、後半やエンディングでとんねるずがバックバンド従えてカッコよく歌ってたのを覚えてる。 これらの曲っておちゃらけてなくてメッセージソングだったね。その時代に生きているからこその、また生きるための訴えみたいなのが歌詞からも感じてた。 『情けねえ』 1991年5月29日にリリースされた17枚目のシングル。 c/w『こんな男でよかったら』 『一番偉い人へ』 1992年9月3日にリリースされた19枚目のシングル。 c/w『どん底』